So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

熱海国際映画祭『シネマ meets ミュージカル』11:00~ [映画のこと]

6月30日に熱海に行ってきました。

意外と自宅から近かったので(^▽^)/

 

この前後、熱海では国際映画祭が開催されていて、その関連イベントとして行われたイベントです。

会場は熱海ニューフジヤホテル。

出演者は、今井清隆、佐渡寧子、秋夢乃、ナレーターと構成は広瀬彰勇。

みなさん元劇団四季出身ですね。

 

こんなに豪華なメンバーなのに、観客が少なかった。3、40人くらいかしら。

椅子が寂しげに空いていた。

お客さんもバラバラ座っていたので、余計。

 

映画祭ということなので、映画に因んだ曲を歌われました。

 

覚えている限りでは・・・

『ニューヨーク・ニューヨーク』『ティファニーで朝食を』『ゴッドファザー』『007ロシアより愛をこめて』(今井)、『追憶』『シェルブールの雨傘』『南太平洋』『回転木馬』(佐渡)、『マイ・フェア・レディ』『リトル・マーメイド』『千と千尋の神隠し』(秋)、『オペラ座の怪人』(今井、佐渡)は劇団四季版の歌詞でした。

『サウンド・オブ・ミュージック』のエーデルワイスと『支那の夜』の蘇州夜曲の2曲は、前日練習をして臨んだ市民コーラス3名による歌唱披露。

上手い人がいるなぁと思ったら、元劇団四季で現在は伊東市議の犬飼さん(『日曜はだめよ』『美女と野獣』に出演。)。他は藤沢から参加されたご夫婦。みなさん熱海市民じゃなかったのね。

せっかくの機会だから、公民館などの市民コーラスグループに参加してもらったらもっと良かったのかも。

1時間半の公演で、上記のほかにもあと数曲歌ったと思いますが、思い出せず。

(佐渡さんが韓国語で歌唱した曲とか、秋さんのテレサテンとかあった様な。うむむ)

 

帰りに、映画祭のロゴが印刷されたエコバックをいただきました。

14時からの公演もあったので、そちらの方が盛り上がったかもしれませんね。

スタッフさんたちもイベント慣れしていない感じでした。

映画祭が次回もあるようでしたら、もう少し頑張らないとね。

 

しかし、せっかく熱海の地に降り立ったというのに、温泉も入らず、パンと野菜を買い、いそいそと帰路に就く私も・・・なんだかな~と(笑)

 

でも、皆さんの熱唱を目の前で聞けて、満足でした。

うん、これが目的だから良いのだ。

 

そういえば、熱海駅がとても綺麗になっていてビックリ。駅前に足湯もありました。

近くに商店街もあって、お店もいろいろあったし、なかなか楽しそうでしたよ。

今度はゆっくり訪れてもいいかな。

温泉目的でね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

今週末は・・・ [日常のこと]

「熱海」に行ってきます。


楽しみ。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第72回 トニー賞 [お芝居のこと]

本日WOWOWで放送しているのを見ました。


演劇リバイバル賞では見事「エンジェルス・イン・アメリカ」が受賞。


そして、主演男優賞にアンドリュー・ガーフィールド(オープニングが終わってすぐの発表だったので、心の準備が・・・)。

助演男優賞にネイサン・レイン(八の字眉毛がプリティ~♪)。


主演女優賞は流石に該当者なしなのですが、助演女優賞には二人がノミネート。

演出、装置、照明、衣装、音響もすべてにおいてノミネート。

みなさん素晴らしい。


演劇なので、パフォーマンスはありませんが、天使も登場しました。

スピーチが長い人のところに出現するとかで(笑)

結局ワンシーンの登場でしたが、あの素晴らしい造形が明るい陽射し?の中でハッキリ見れたのは嬉しかった・・・!(^^)!


おめでとうございましたー。

これを記念して、Blu-rayの発売が実現したら良いなぁ。


ちなみに演劇作品賞はハリーポッター。

こちらも2部作で見応えがある作品だそうです。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

今週の2本 [映画のこと]

2018-05-20T12:36:59.jpg2018-05-20T12:36:59.jpg


今週は久しぶりに映画を見てきました。


「君の名前で僕を呼んで」

捻りのないタイトルだなぁと思ったら、英語タイトルそのままでした。

パンフレットが通常版と豪華版の2種類あったのには驚きです。

写真がたくさん載っていた豪華版を買ってしまいましたが・・・その写真、小さいのが沢山載っている部分があって良く見えない(T_T)

物語は17歳と24歳の青年のひと夏の恋を描いた作品で、丁寧に描かれています。


舞台が北イタリア。夏の間だけ訪れる場所。

少年の父はアメリカの大学教授、母は翻訳家。

家の中では、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語が飛び交い、お手伝いさん(ヴィラの管理人さん?)も二人は居るし、とてもハイソな雰囲気。

なので、下々の私には背景がなかなか解らず。

そこへ夏季休暇を利用し大学院生の青年がアメリカからやって来る。

少年のポロシャツはラコステ。青年はポロ。これは判りやすいっ。

クーラーも扇風機も無いようなので、上半身裸で短パン一丁の少年の映像多し。

そして、窓も開けっぱなしなのでハエも入って来る。

そのハエが出てくる回数が多いので、何か意味を持っているのではないのか、気になる。

庭にはプール(といっても石造りで小さく、泳ぐというより浸かる?)があり、少年は仲の良い少女と戯れたりする場面もある。少女の水着が小さいわ(/ω\)

当然、靴を履いての生活なので足がテーブルに着くのも気になるし、床に直接アプリコットの種を捨てるのもね。

挙句にアプリコットに寝ながら指を突っ込むものだから、果汁がベッドシーツやマットに垂れるのも嫌だなぁ。

ベタベタして蟻が来るじゃない!自分で掃除しないからって・・・まったくもぉ。

この辺りは官能な場面なんですが、下々の突っ込みどころ満載。


両親が理解あり過ぎで怖いくらい。

でも、終盤で少年の父が少年に語る言葉は一度聞いただけでは咀嚼出来ないので、ぜひ活字でよみたいところ。

日常生活で、こんなに高尚な言葉がやり取りする家庭もあるのね。

私は生活できないわ。


脚色・プロデューサーがジェイムズ・アイボリーさんなので、何となく「眺めのいい部屋」の雰囲気を思い出しました。

少年役のティモシー・シャラメは、この年代にしか出せない繊細さを感じられて好演。

青年役のアーミー・ハマーも、いかにもアメリカ人な雰囲気で役に合っていたと思う。金色だから目立たないけど、腕の産毛は相当なものだったわ。


「君の名前で・・・」は女子9割男子1割の客層でしたが、「孤狼の血」は女子2割男子8割。

ふり幅の大きい2作品だこと。


で、その「孤狼の血」は・・・

東映のロゴと岩場に打ち付ける波という懐かしさから始まり、ナレーションがこれまたレトロでたまらない。

全体的に昭和の香りが漂うのですが、松坂桃李くんはやっぱり現代っ子だ。

一人いい意味で浮いている。

終盤に向かうにつれて、その乖離幅が縮小していくのも良い。

ここまでリアルに見せなくてもなぁという場面もありましたが、怖がりな私でも最後まで大丈夫でした。

豚さんたちのストレスを想像するとちょっと気の毒。そして、その養豚場を管理していたおじいちゃんが九十九一さんだったのはエンドタイトルで知った。見たことある顔だけど、誰だったかなぁとモヤモヤしていたのです。


原作が女性なので、ある意味女子の喜ぶツボを知っているのかな~と思い、鑑賞後つい単行本を買ってしまう私がいました。なので、パンフは我慢。


次は、1本無料で見れるので何にしようかな。

チラシを見ながら、あれこれ悩むのも楽しいですね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

東宝「1789」のパンフが・・・ [ミュージカルのこと]

舞台写真入りのパンフレットが本日8日から発売になったそうだが、東京公演はあと5日で終わってしまうんだよ。

ひどすぎないかい。

しかも200円値上げしてるし。

まぁ、そこは経費が掛かっているということで諦めるけど。

来週は「シラノ」観に行くのに、今週は日比谷方面に行く予定は無いんだ(´;ω;`)

優しくないよ、東宝は。


ホリプロや宝塚のようにきちんとした通販サイトを立ち上げて欲しいと思うわ。

マジで。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

だるまちゃんよ、永遠に・・・ [本のこと]

絵本作家のかこさとしさんがお亡くなりになりました。

92歳。

漢字でお名前を書くと、加古里子。一瞬、女性なのかと思いますが、そうではありません。耳なじみの良いPN。

ちなみに本名は中島さん。


幼い頃に夢中になって読んでいた絵本、だるまちゃんシリーズの生みの親。

といっても、あの頃は数冊しか発刊されてはいませんでしたが。

細かく書かれた絵がとても好きで、何度見ても飽きませんでしたね。

(ちょっとウォーリーを探せ!っぽいページもありました)

「からすのパンやさん」は幼心に、世の中にはこんなにたくさんの種類のパンがあるのかと驚愕していたものです。その次には、全部食べたてみたいと沸々と食い意地が・・・(笑)

他にもたくさんの絵本を書かれています。

今の図書館にはどれくらい置いてあるのだろうか。


今年1月にも新刊を出版されていて、ますますお元気なんだわ[黒ハート]と思っていた矢先に・・・寂しい。

優しい微笑みが思い出されます。

ごゆっくりとおやすみください。

もう一度、絵本を開いてみますね。


7月には若い頃お住まいになっていた川崎で企画展が予定されているようです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

お天気良いですね~ [日常のこと]

世の中はゴールデンウイークの真っただ中。

今日はとても良いお天気ですが、私はお家で引きこもり。

道路もお店も混むしね。

そんな訳で、地味にお洗濯とかお片付けなどを。


しばらくブログもご無沙汰していましたが、「李香蘭」、「1789」、「メリー・ポピンズ」等を観劇したり、上野動物園にシャンシャンを見に行ったり、元気のお裾分けをいただいておりました。


そして、母の日(もう少し先ですが)恒例の芍薬の切り花を購入し、玄関に入るたびに香りを堪能し、毎日咲き進むお花を眺めております。

考えてみれば、結構お値段も張るし、とても贅沢な事ですね。


さて、もうひと頑張り片づけをしなくちゃ。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春春春~(^^♪ [日常のこと]

2018-04-05T21:19:14.jpg


近所の桜はあっという間に咲き進み、既に葉桜状態になっておりますが、八重桜はまだまだ見応えありました。

まあるく花がついていて、コサージュのようでもあり、簪のようで。可愛すぎる~♡


ふと空に目をやれば、ツバメが数日前から飛び始め、カマキリの卵からは小さな子たちがワシャワシャ出没し、雑草の間から土筆も顔を覗かせています。

その雑草も負けずに成長しているのがねぇ。

そろそろ草むしりも気合入れないと。


確実に季節は進んでいます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懐かしの高桑満さん♪ [劇団四季のこと]

2018年3月25日の『サザエさん』。

この日をもってTOSHIBAさんがスポンサーを降りるというので、録画してあったものを他の事をしながらのながら見。

サザエさん=TOSHIBA

のイメージが強すぎるわ(T_T)


エンドクレジットで、( ,,`・ω・´)ンンン? と手が止まる。

高桑満、と。

これはもしや劇団四季の『キャッツ』でコリコやランパスを演じられていた高桑さん?

まだ、沢木さんとか芥川さんが在籍していた時代ですよね。


ネットで確認してみたところ、随分前から声優さんや俳優さんのお仕事をなされていたようです。

知らなかった~。

写真もありましたが、そこはかとなく面影が。


私は高桑さんのコリコが好きだったんです♡

(と、年がバレるか)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ミモザのリース~春を感じて [お花たちのこと]

2018-03-25T22:20:27.jpg


近所のミモザの木が花盛りで綺麗だったので、お花屋さんに出向いてみたら・・・やっぱりありました[黒ハート]

お花が丸っこく咲いているのを選んでお買い上げ。


いつもは逆さまに吊るし、ドライフラワーにしてから花瓶にポンッ。なのですが、

今年は頑張ってリースに仕上げてみました。

土台は使っていないので、綺麗な円形にならなかったのはご愛敬。

そして、購入した全部の枝を使ったので大きくなってしまったのも・・・(o^―^o)エヘッ

この状態からドライに仕上げます。


これから一年間、春を感じさせてくれたら嬉しいな~♪

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | -